ボディーコーティング手順のご紹介

SCENE1. 洗車

洗車@

 ボディーをたっぷりの水で皮セームを使い、
 きれいに洗います。

洗車A  ホイールを内側まできれいに洗います。
洗車B

 グリル・ステップ等 ブラシを使って、
 きれいに洗います。

SCENE2. 鉄粉除去・養生

鉄粉除去・養生@

 ボディーの付着物を、たっぷりの水を使い
 専用トッラプ粘土にて除去します。

鉄粉除去・養生A

 ガラスに付いた付着物等を ガラス専用研磨剤を使って除去し、
 きれいにします。

鉄粉除去・養生B  ポリッシング(研磨)に伴い、ボディーを丁寧に養生します。

SCENE3. ポリッシング(研磨)

ポリッシング@ ポリッシングA ポリッシングB

ボディーの状態に合わせ、数種類のコンパウンド(研磨剤)・バフを使って
ポリッシング(研磨)していきます。

詳しくはこちらをご覧下さい! ⇒ ポリッシング(研磨)作業の紹介

SCENE4. 脱脂・定着剤

脱脂・定着剤@

 ポリッシング後のボディー油分を、脱脂専用洗剤にて
 丁寧に洗います。

 脱脂洗浄後、コーティングの密着率を高めるために
 定着剤を塗りこみます。

脱脂・定着剤A

 コーティングは水分を嫌いますので、コーティング施工前に
 十分にブローし、水分を完全に除去します。

コーティングの様子

SCENE5. コーティング

【ハイモースコート・G'zoxリアルガラスコーティング・エシュロンFE-1043の場合】

コーティング@  コーティング剤を、丁寧に隙間なく塗りこみます。
コーティングA

 コーティング剤が硬化後、余剰分を専用クロスにて
 丁寧に拭きとります。

コーティングB  ボディー上部に限り、2度施工します。
コーティングの様子

【クォーツガラスコーティングの場合】

クォーツガラスコーティング@ クォーツガラスコーティングA

 専用スプレーガンにて、均等に
 コーティング溶剤をかけていきます。
 硬化後2度施工します。

クォーツガラスコーティングB

 硬化後コーティング剤の凸凹をなくすため
 クォーツ専用コンパウンドで軽くポリッシングします。

SCENE6. 仕上げ・内装

仕上げ・内装@  車内の内装を、ガラス専用クロスにて 丁寧に拭きあげます。
仕上げ・内装A  車内のシートをスライドさせ、隅々までバキュームをかけます。
仕上げ・内装B  コックピットを養生します。